実績紹介

実績紹介

ポンプ

ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2002年 4月

ブレーデルホースポンプの場合、スラリー液は回転体(ローター及びシュー)とは接液せず、
ホース内だけを通る構造です。
摩耗にるポンプ損傷はなく、消耗品のホースとオイルの定期交換だけで、ポンプ本体は
約20年の寿命を維持しています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2019年 9月

ブレーデルホースポンプは他社製より部品点数が少ない事からメンテナンス性が向上しました。
オイル漏れもなく、またホース交換する際もホースの両端が本体から突き出ている為
シール部品を取付し易くなりました。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2019年 1月

ホースポンプはローターの回転により押し点を移動させる事によって送液する容積式ポンプであり、
また回転数も50rpm以下の低速である為、要望通りもずくを潰さずに移送する事ができています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2016年 12月

ホースポンプでスラリー液を移送する事でき、またスプレードライヤーの上方へ原料を供給移送する際は
ホースポンプの高い吐出圧力で問題なく運転ができています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2016年 1月

ホースポンプでの移送テストに成功し、Bredel-15×3台納入しました。
ホースポンプはローターやシューへの接液が無く、詰まりや摩耗のトラブルは皆無です。
メンテナンスが容易であることを評価頂き、 Bredel-15×3台、Bredel-25×1台、Bredel-40×3台
を追加納入しました。 現在まで順調に稼働しています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2012年 1月

ホースポンプでの移送テストで超高粘度の移送に成功し、ホースポンプ計4台納入しました。
部品交換は年一回程度のホース交換のみなのでコストは1/10以下となって、
大幅なランニングコスト削減につながりました。
現在まで順調に稼働しています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2012年 1月

ホースポンプは機構上ホース内面しか接液が無く、ローターやシール部品等のメカニカル部分には
接液しないため、異物混入による破損や摩耗の心配がありません。
ホースポンプに更新後はトラブル無く順調に稼働しています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2018年 1月

ホースポンプの場合、流体に合わせてホースを交換するだけなので、作業時間は
30分程度に短縮されました。その後、製造ラインにも4台のホースポンプが導入されました。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

1994年 1月

ホースポンプでの移送テストを行い、SP-65を納入しました。 現在、現行機種のBredel-65に更新され、
長期間順調に稼働しています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2001年 1月

気泡を含む汚泥スカムは通常のポンプでは移送できませんが、 ホースポンプは
気体混合液や常時空運転も許容されるため汚泥スカムを難なく移送でき、
取水ポンプのメンテナンスが不要となって問題解決されました。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2005年 1月

ブレーデルのホースは、強い摩耗性を持つ研磨材でも摩耗することなく、問題解決されました。
その後、20台以上のホースポンプが稼働しています。


 

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2010年 2月

接液するのがゴムホース内だけなので非常にシンプルな構造となった。スプレーノズルから噴霧される液状況も安定しており且つホースポンプで0.75MPaまでの高圧運転も実現でき、実際の運転でも問題無しと判断された。


 

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2005年 5月

納入台数計約30台となり順調に稼働中。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2005年 1月

ホースポンプでの移送を提案し、テストを行って移送可能を確認した。 実機は型式SP−50を納入、順調に運転しておりリサイクル処理装置の稼働に一役を担っています。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2005年 1月

ホースポンプでの移送を提案し、テストを行って 移送可能を確認した。
実機は型式SP−50 X 2台を納入、順調に運転しており放射能廃棄物処理装置の稼働に一役を担っています。


 

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2002年 6月

ダストをリサイクルすることで得られた還元鉄を高炉に戻し、製鉄原料として有効利用できた。
ホースポンプは設備の一環でダストスラリーをスーパーフィルター(脱水機)に送液する用途で使用。


 
ホースポンプ

ホースポンプ  実績の詳細はこちら

2000年 1月

ホースポンプでの移送を提案し、テストを行って移送可能を確認した。 実機は型式SPー50を納入、順調に稼働中です。また、コンベアー方式と比較して設備費の大幅なコストダウンとなりました。


 

戻る